「ちいさなうさこちゃん」ファーストブックに

ちいさなうさこちゃん
ディック・ブルーナ 文・絵 / 石井 桃子 訳
福音館書店 700円+税

息子の、はじめての絵本はこの本だった。
まだ首が据わったぐらいの時から読んでいる。

息子を膝に乗せて本を開く。

今思えば、息子には絵本が見えていたのかも怪しい。
まだぼんやりとしか、目は見えてなかったのかもしれない。

それでも、あの頃の私は早く自分の子どもと本が読みたくてしようがなかったのだった。

あのはっきりしたブルーナカラーは、きっと見えていたはずだ。
そういえば、本の方をじっと見ていたな。

きっと、うさこちゃんが息子を見ていたからだろう。
“常にこちらを向いている“ことはディック・ブルーナさんのこだわりなのだから。
見た事もない動物たちが優しくこちらを見ているのだ。

いつだったか、テレビで見たブルーナの特集番組。
あの黒い、少し震えた太い線を、ブルーナさんが細い筆で少しずつ少しずつ、とても時間をかけて描いていて驚いた事を覚えている。

シンプル=簡単にできる、という訳ではない。

そして、丹精を込めて作られた物は、やっぱり長く愛される。

その熱意は海を渡って、受け継がれていた。

この福音館書店の日本語版も、印刷でのブルーナカラーの再現に注力していたり、フォントを作成したり、たくさんのプロのこだわりの仕事が詰まっているのだそう。
うーん、すごいなぁ。
ちなみに装丁は祖父江慎さん。

うさこちゃん、という名前。
私はミッフィーちゃんという名前の方に子どもの頃から親しんでいたので、うさこちゃんという名前は、新鮮な響きがした。

“ふわふわ うさこちゃん“。
“ふわふわさん“に“ふわおくさん“。
可愛らしい。

石井桃子さんのセンス、素敵。
そう思っていたのだけれど、
原文での名前は“ナインチェ・プラウス“という。
オランダ語で“うさぎちゃん・ふわふわ“という意味。
“ミッフィー“は英語の翻訳用の名前で、本場オランダでは“ナインチェ“と呼ばれていた。

石井桃子さんは、忠実に原文を翻訳していたのだった。

そして調べてみると、オランダ大使館に出向いて発音を聞き、音のリズムを調べたり、直訳してみたり、オランダ語の原文をとても大切にしていらっしゃった。

ここにもプロのこだわり。

改めて調べてみるとすごい絵本だった。

私には赤ちゃんだったころの息子との、
温かい思い出が詰まった一冊。

その一冊は、これから生まれてくる子どもはもちろん、すべての子どもへの祝福が込められた一冊であった。

タイトルとURLをコピーしました