絵本「ぐりとぐらの1ねんかん」

ぐりとぐらのいちねんかん
中川李枝子 作 / 山脇百合子 絵
福音館書店 本体1,300円+税

私がはじめて出会った絵本は、やはりぐりとぐらぐりとぐらの絵本だ。
幼稚園の先生がよんでくれた

ぐり ぐら ぐり ぐら

私の母は読み聞かせなどしない人だったが、唯一読んでくれたのが、幼稚園から持って帰ってきたこの絵本だった。

ぐり ぐら ぐり ぐら

幼稚園の先生と、母の声が聞こえるようだ。(母はまだ生きています。)
そんな思い出のある「ぐりとぐら」の絵本を自分が子どもに読みきかせる日がきた。
なんだか嬉しい。
そして知らない間に、シリーズもたくさん増えていた。
ぐり、ぐら、お久しぶりです。
元気にお話を重ねていたんですね。
大人になってからの再会、とにかく嬉しい。

そしてこの1冊。
「ぐりとぐらの1ねんかん」

先日、お誕生日がやってきて、カレンダーにも興味を持った息子。
1年とはなにかを、なんとか言葉をひねりだして息子に説明してみる。
はたして理解しているのか。
怪しいのは息子の理解力ではなく、私の伝える力の方だ。
そこで絵本の力を借りようと調べたら、この本に出会ったのだった。
ぐりとぐらが手仕事や遊び、季節のうつろいを、彩り豊かな生活をとおして教えてくれる。
ひと月ごとに添えられた詩も、テンポが良く心地よい。
息子は自分の誕生月のところはいつもじぶんで読みたがる。

ぐりとぐらの楽しく、活気のある12ヶ月を見て、息子も1年を少しは体感することができたことだろう。
読書とは体験、となにかで読んだ。


季節を感じる穏やかな日常、なんてしあわせな事だろう。
ぐりとぐらを見習い、季節を大切に、日々を過ごしたい。

タイトルとURLをコピーしました