【クリスマスなに読む?第ニ夜】絵本ぐりとぐらのおきゃくさま 読み聞かせ、感想

ぐりとぐらのおきゃくさま

ぐりとぐらのおきゃくさま

ぐりとぐらのおきゃくさま
なかがわ りえこ 作
やまわき ゆりこ 絵
990円(税込) 福音館書店

こんにちは。tagumiです。

クリスマス、なに読む?2冊目は、みんな大好き大人気のぐりとぐらです!

この絵本には、クリスマスといえば、のあの人が出てきます。

そして個人的には、ぐりとぐらのおうちを見るとこができて嬉しい1冊です。

所々に、ぐりとぐらの生活を感じることができます。

暖炉に干してある小さな二つの手袋、かわいいです。

あらすじ

いつも元気にお外で遊んでいる ぐりとぐら。

ぐりとぐらが森で雪合戦をしていたら、雪の上に大きな足跡を見つけます。

その足跡はなんと、ぐりとぐらの家へと続いていました!

玄関には大きな長靴が脱いであります。

うちにお客様が来ているようです。

ぐりとぐらはいろんな部屋を見て回り、お客様を探します。

真っ赤なオーバーに真っ赤な帽子、部屋の暖炉の隅には白い大きな袋が置いてありました。

しかし肝心のお客様は見つかりません。

その時突然、とってもいい匂いがしてきて…⁇

クリスマスのお客様…?

絵本の中でお客様は名乗らずに去ってしまします。

しかしこのお客様が誰なのかは、もちろんお分かりですね。

忙しそうなのも納得です。そんな忙しい時に家に来てお祝いのケーキを焼いてくれるとは!

羨ましい。とにかく羨ましいの一言。

うちにも来てケーキ作ってほしいなぁ

おわりに

「では、良いお年を!」と言ってお客様のおじいさんは去っていきます。

ぐりとぐらの家には、いい匂いに誘われて動物たちが集まってきます。

みんなで楽しい時間を過ごす為に、お客様はプレゼントにケーキを焼いてくれたのかもしれません。

「クリスマス、おめでとう!」

タイトルとURLをコピーしました