ももいろのきりん

ももいろのきりん
中川 季枝子/作
中川 宗弥 /絵
福音館書店 1300円+税

冒険しなさそうな物語を探していて、この本を手にとる。
結果として、この本は小さな冒険をしていたのだが。

どうも息子は冒険する物語はあまり好きではないようなのだ。
ハラハラドキドキなどしたくないらしい。

エルマーの冒険は、読みかけのままでぜんぜん進まない。
動物たちが悪いやつすぎて怖いのだそうだ。
竜が助け出される日はくるのだろうか。
私もハラハラドキドキするような映画は苦手なので、遺伝か。

さて、ももいろのきりんの話にもどる。

るるこちゃんという女の子が
おかあさんにもらった大きな桃色の紙を使って、
きりんを作るところからはじまる。

るるこちゃんはこのきりんに大満足で、大絶賛している。
名前はキリカ。
世界一強くて、
世界一早く走ることができる。
るるこちゃんが作った、
世界でいちばん素敵なきりん。
まだのりが乾いておらず、ふにゃふにゃのキリカが弱音を吐いている時も、るるこちゃんは励まし、大きなキリカを背負って物干しまで乾かしに行く。
そして乾くまでずっと、そばで見守っている。

自分の作ったものは1番いい、子供のころはいつもそう思っていたことを思い出した。
謎の自信に溢れていた、子供のころを。

キリカの世界一きれいな桃色がはげるという大事件が起こるも、特に怖いものは現れず、順調に息子と物語を読み進めていく。

ところが。
現れたのは、オレンジぐま。
オレンジぐまというネーミングのかわいさに似合わず、なんか嫌なやつなのだ。
息子はドキドキハラハラする冒険も怖くていやなのだけれど、嫌なやつ、意地悪な奴が出てくるのはもっといやなのだ。
(もう大体の物語が駄目な気がする。)

この本の絵は作者の旦那さんが描いているそうだ。
その絵がまた絶妙で、オレンジぐまの嫌な感じが出ているのに、どこか可愛らしいくて、ニヤニヤしてしまう。

しかし息子は、そんなオレンジぐまの可愛さには気づかず、険しい顔をしている。
そして息子、ここで一旦本を閉じてしまう。

私は気になったので、こっそり続きを読んだ。
!!オレンジぐま〜!
オレンジぐまの再登場にふふっとなる。

るるこちゃんとキリカの最後に嬉しくなる。

やっぱり、最後まで読んで欲しいな、と思う。
おもしろいし、怖いだけではなくその後の展開を見てほしい。

さて、どうやって息子に勧めようかな、と考えながら、ちょっと目につくように本棚にさしておく。

るるこちゃんとキリカはいつまででも待っていてくれるだろう。
ついでにオレンジぐまも。

タイトルとURLをコピーしました