「せかいのひとびと」 自分もまた、人とはちがうということを知る

せかいのひとびと

せかいのひとびと
ピーター・スピアー 絵・作
松川 真弓 訳
評論社 1500円+税

いろんな国の民族衣装を着た、数えきれないほどの人々が描かれた表紙。

この数年で世界の当たり前が変わった。
これからはこんな風に人が密集している光景は、なくなっていくのだろうか。

それともまた元に戻る日が来るのだろうか。

本をひらくと地球があり、次のページでは、アダムとイヴを思わせる裸の男女ふたりが、楽園のような大自然を見渡している。

そしてまた次のページ、爆発的に増えた、たくさんの人々。

大人、子ども、男の人、女の人…
同じ服を着ている人たちも、やっぱりどこかが違う。
同じ人はいない。

もし同じような顔で、同じ服を着ている人がいたとしても、その人自身は、全く違う人なはず。

そこにギリシャの詩人、メナンダーのことばがある。

“汝 自身を知れ“とはよく言うけど、

こりゃうまくないね、

“他の者達を知れ!”

この方が、効き目はあるさ。

「せかいのひとびと」より

他人を知ること、認めること。
果たして大人の私はできているのか。

見た目の違いから、文化、それぞれにみんな違っているということを伝えている。

なかには初めて知るショッキングな文化もあり、世界の広さを思い知る。

お金持ちの人、貧しい人、利口な人、そうでない人、包み隠さず、描かれている。
子ども向け絵本なのだからと、暗いところに目を背けたりしない。

全ページに大切なことが描かれている。

もうこの一冊をみんなで読めば、道徳の授業はいらないのではないだろうか。

もっといえば37ページにある、

ある人たちは 自分とちがっている というだけで

よその人たちをきらう。そんなことっておかしいよ。

その人たちは 自分たちだって ほかの人から見れば

ちがっているってことを わすれているんだ

「せかいのひとびと」より

この視点を忘れなければ、世界は平和になるのではなかろうか。

個人的には、19ページの

たいていの人は みんなで なにかするのが すきだけれど

一人で いるのが すきな人も いる。

「せかいのひとびと」より

という一文。学生の頃の私に伝えてあげたい。
一人でいるのが好きでもいいのだ、と。
こんな風に本に書かれているのを読むだけで、存在を認められたような気持ちになる不思議。
現代では、一人が好き、という人の多いのでは?とも思うが。

いろいろな少数派と言われる人や、自分は人とは違うと抱えているものがある人がいる。
この絵本の視点を持てば、理解まではいかなくても、そういう人もいると認識することはできる。
そうすれば、もっと生きやすい世の中になるに違いない。

タイトルとURLをコピーしました