「ゆうびんやさんのホネホネさん」かなり気になるアイツ

ゆうびんやさんのホネホネさん
にしむら あつこ/作・絵
福音館書店 743円+税


お化けにガイコツ、子どもにとって、よくわからないけど何か怖いもの達。

だけどなぜか気になるらしい。

そしていつの間にか、お化けもガイコツも好きになっている。

赤ちゃん向けの、こわいけれど気になる本の定番が「ねないこ だれだ」だとすれば、
幼児向けベストオフ定番は、「ゆうびんやさんのホネホネさん」に私の中で決まった。

何度か読んであげれば、4歳の息子でも一人で読める。

絵の情報量が多いので、ずっと見ていても飽きないのだ。

静かだなと思えば、ひとりで真剣に見ている。

ホネホネさんは、図書館に面で陳列してあった。

ビビットな黄色の背景に、モノクロのホネホネさんの絵はとても目をひく。

そしてガイコツ。名前の通り、ホネホネさんはガイコツだ。

恐竜の本ばかり借りている息子が、久々に手にした絵本。

題名のとおり、郵便屋さんのホネホネさんがお手紙を届ける、というお話。

ギコギコキーッ

ホネホネさんは、自転車で配達に行く。

ギコギコキーッのところを読むだけで、息子は楽しそうに大笑いしている。

先にも書いたが、この絵本は見どころがたくさんだ。
見返したらキリがないくらい発見がある。

ホネホネさんが、配達に行く街の地図のようなページがある。

息子は、この家はトンスケの家で、ここはすいれん池(ホネホネさんは池の中へだって配達に行けるのだ)とか言ってずっと見ている。

たくさんの描き込みが子供には楽しいようだ。いや、大人の私も楽しんでいる。

ホネホネさんや、配達先の登場人物(動物?)たちもみんな個性的だ。

可愛らしいのに尖ったこのセンス。

トリオくんの家の飾り物や、ニョロコさんのお洒落さについて息子と話す。

読み聞かせも楽しいが、こんなふうに本を見ながら、あれこれ話が膨らむのもまた良い時間だ。

タイトルとURLをコピーしました